くみちょのだらだらして悪いかぁ~?
私事の日々の雑感や趣味の事を書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐野洋子著の絵本 「100万回生きたねこ」

初めて目にしたのが高校生のときだったから、
出版されてから、もう30年になるらしい。
しかし、未だに売れ続けているそうな。
以前、ネットで知り合った人たちに知っているか?と、聞くとほとんどの人が知っていた。
愛情がテーマの絵本であるにもかかわらず、大人が読んでも十分おもろいと思う。
あたしゃ、読んだ時には目がうるうるしたものです(笑)
万人にオススメしていいのではないかと思う。が、
道端で苦しんでうずくまってる人にケリを入れるような人には無縁なお話だと思う(笑)
デジタルは2進法なのだ
   デジタルは今ではなくてはならないモノだが、2進法はダサくて扱いづらい。
   なんで、こんなもの覚えなきゃならんのか?
と、いうような質問の電話が来た。 しかも、夜中にw

はっきり言ってデジタル=2進法である。

このことをあえて認識している人間が以外に少ないようで、少々驚く。
最近のIT関連の学生は基本的な論理数学なんかは すっとばしているのだろうか?

     なんで、コンピューターは2進法なの?

この質問にも愕然とする。

そんなの、電気使うからに決まってるんだろー
電気を使って数かぞえるのには2進法が一番簡単だからだよ。
いや、簡単なのではなくて、電気で数を数えるのは2進法しかできないのだ。
電気を使ったスイッチで構成されているのだから。
オンとオフを0と1に置き換えているだけだ。

ごく基本原理的な話になると、電子計算機は4種類の足し算と3種類の論理演算しか
できない。

つまり、 0+0=0
      0+1=1
      1+0=1
      1+1=10

この4種類の足し算に

  AND OR NOT

の3種類の論理演算である。
コンピューターはこれらの処理ができれば、どんな計算もできる。
(微分積分はちょいニガ手だけど)

こんなの、コンピュータの基本だと思うのだが、そういう部分を学習していないのか?

ここまで説明しても理解してくれない。いろいろと話するうちに気が付いた。
どうやら、半導体というものを過大評価しているらしいということを!w

半導体はそのままで1~10まで数えるくらい簡単にできると思い込んでいたようだ。
そんなわきゃねーだろっつーの(笑)
しつこく言うが、トランジスタはスイッチとして使ってるんだ。特別大そうな働きは
していない。

だいたいだな 電子計算機の黎明期には真空管で造られたものや、
リレーで造られたものもあるんだぞ。

  あのー リレーってなんですか?

すげームカついてきたので ぐぐって調べろと言って電話を切った。

ここまでで、1時間近く経過した。
すごく不毛な気がした・・・・・
まったく今時の大学生ってその程度なのか?
わしゃ、高卒のペーペーだぞっての(笑)
しかも、デジタルなんか、ほとんど独学だっての!
スープカレー横丁
4月のはじめにオープンした。札幌中心部より、ちょいと東側にあるので
行ってみた。

その場所はビルの地下にあり、6店舗が入っている。
どこの店がうまいかまずいかという情報はないので、階段を降りてすぐの店に入ってみた。
店名は忘れた(笑)
店の雰囲気は良くも無く、良くも無い。注文取りや会計処理の店員がどう見ても
不慣れなド素人という感じの若い女性だ。
注文をして しばらくすると、店の幹部らしき女性が来て、
「すいません、ご注文は、もう、いただけたでしょうか?」などと言う。
このこと自体、過去にドえらい失敗をしたことを物語ると思われる(笑)
 

で、カリカリチキンのスープカレーというのを注文。
食してみたが・・・・・・・・・・

はっきり言って、おいしくない!

チキンコンソメにカレー粉入れたような味がする。
ただ、オリジナリティー出すために、スパイスを若干変えてみました・・みたいな感じだ。

そのオリジナルのスパイスってのが 他人はどう感じるかわからんが
少なくともわしには ミスマッチだった!

帰宅後、友達にそのことを言うと、
「あそこ、どの店もイマイチみたいだぞ」

うーん、失敗! みんなに聞いてから行けば良かった。(笑)

これからはマズイ スープカレーは 

「カレー汁」と呼んで 罵倒してやる(笑)

カレー汁 って表現すると、 貧相でマズそうに聞こえるのでオモロイwww

ちゅーわけで、札幌スープカレー横丁 アイデアは良かったが、集まった店舗は
・・・・・・・・・ってことに決定だな。(笑)

けっ! 期待して損した

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

最近の思うこと
ここ数年、やたらと殺人事件が目立つ。
残酷なもの、猟奇的なもの、単純なものと、いろいろだが、
ものすごい残酷な殺人が行われて、
「人間のすることじゃない!!」などと、発言される方が
おられるが、この地球上であらゆる生き物が存在する中で
最も残酷な事をするのは人間だけだと思っております。
つまり、「人間のすることじゃない!」ではなく、
「人間しかしない」の間違いだと思います。

それは、さておき、
刑事事件の場合、犯人は警察に特定されるか逮捕されると容疑者となる。
容疑者は検察に起訴されると被告人となる。
被告人は裁判によって有罪が確定すると受刑者、または
死刑囚となる。
(有罪でも執行猶予処分の場合は釈放されるけど。)
そして、無罪になった場合はそのまま放免である。

こんなこと誰でも知っていると思うのだが、実はよく理解していない人が多いようだ。
[最近の思うこと]の続きを読む
お父さんの大名調理
ワタシも気が付けば既に中年のオッサンである。
しかし、20代のころからオッサンみたいだったので
久々に会った友達には「トシ取ってもあんまり変わらないね」
と、言われるのである。
痛し痒しといったところだ。(笑)
友達の半分は家庭を持ち、奥さんや子供と暮らしている。
後の半数は結婚に失敗してシングル生活ってのが多い。
自分はというと、どっちでもない。(笑)
ずっとシングルである。 自慢にはなりませんけど。(^^;

炊事なんてのは自分にとっては日々の生活の上ではごく
普通の事なのだが、家庭を持ってる彼には違うらしい。
お父さんの炊事は一大イベントなのだ。
しかし、彼の奥様にとっては迷惑以外の何者でもない。
彼が料理をすると言いだすと憂鬱になるという。


食材の買出しで高くて高級な食材を平気で買うので、
あとでお小遣いが不足してねだる。

調理の要領が悪く、調理器具を不必要に使い、洗い物の量がすごい。

野菜の皮むき等の細かい事は奥さんまかせにする。
普段包丁を使い慣れていないお父さんは、
ちまちまと野菜の皮むきをするとイライラするらしい。
おまけに見ていて危ない。(笑)

味付けがなんでも甘辛くなって、体に悪い。(ビールには合うんでしょうけど)

そして、これが最大の理由。

後片付けをしない。

お父さんの料理の後の台所はまるで地獄のような惨状だという。
ガスレンジは吹きこぼし、炒めた食材を平気でそのへんに
撒き散らす。床には野菜くずや包装材が散乱。
雑巾を使っても洗わずにそのまま。

お父さんの料理が出来上がって子供たちは喜んで食べるが、
その後はTVの前で寝そべってゴロゴロしてる。
見るも無残な台所は奥様がため息をつきながら片付ける。

これじゃ、奥さんも怒るわなぁ(笑)

実はこういうのは私のまわりでだけではなく、よく聞く話だと思う。

世のお父さんよ。後片付けも料理のうちと知れ!
大名調理は家庭不和の原因になるぞ!(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。